-

ありふれた初心者用の外国為替証拠金取引の書籍では「損失を被った時はナンピンを入れることによって全体のコストを小さくする事が出来る」等と書かれていたりする事もありますが実際にはここには危険性が待っています。メンズ 長財布

まずは、ナンピン買いの仕組みについて易しく記述します。DTI SIM 評価

例として1ドル100円でドルを買ったとします。dヒッツ ミスチル

$(ドル)買いだから円安ドル高になれば黒字が出るわけですが、思っていたのとは逆に1ドル95円までドル安方向に進んだとします。バイタルアンサー

そのままの状況で所有し続けたら利益がでるためには損した分円安ドル高が進まなければならない。レモンもつ鍋

皆さん、赤字は早急にリカバリしたいと思うでしょう。

この状況を乗り切るためはじめにエントリーしたのと同じだけの$をエントリーします。

そうしたら、ポジションの平均の価格は1ドル=97.50円まで下げることができますその結果、2.50円の幅で円安に進めば損を取り戻す事が出来ます。

この流れがナンピンの仕組みです。

ナンピン買いのやり方をみると、「確かに」と思ったりするが、マーケットは容易には思うようにはいきません。

だいたい、1ドル95円が底値だということなど分かるわけがありません。

例として、相場が強いドル安トレンドだとすれば1ドル95円では収まらず円高に向う危険性は高くなります。

1ドル97.50円でナンピンをした場合に、1ドル=95円までドル安に進んだら、ナンピン買いをしたポジションも、赤字が生じてしまいます。

この状態では、最初に買ったドルと合わさって倍の差損が生まれます。

例示したとおり、ナンピンは難解です。

それなら、相場が自分自身の脚本とは反対の方向に行ってしまった場合、どういった手段で危機を回避すればいいのでしょうか。

こういう場合には選ぶべき対策は多くはありません。

ひとつめは覚悟を決めて、損失を確定する事です。

もうひとつは現在、自分か保有しているポジションを減らす事で、改めて為替が元のようになるのを動かないで待ち望む事だけです。

ちょっと弱腰の手段だと感じる人もいるだろう。

けれども、持っているポジションにマイナスが生じた場合効果のある対策はこれ以外には考えられない。

無論、理屈の上ではナンピンを入れるという方法もあると思います。

しかしナンピン買いは損失を披っているにもかかわらず、買いポジションを減少させるどころか、それとは反対に買いポジションを重ねていく考え方です。

この対策では、危機をコントロールすることなど、無理だと思ったほうがいいです。

ナンピンをし続ければ最終的には利益を上げられるかもしれません。

しかし、それ以前に資金は無くなってしまいます。

Category

リンク