-

ようやく開始する時という状況では、事前調査をしなくてはいけません。

相場に入る前であったならば、場面を理性的に見ることが可能です。

ところが、一回売買の内側に飛び込んでしまうと、どうしても見解が主観的になり時として適切な判断が出来なくなる恐れが生じる。

だからこそ自分自身の考え方が理性的な状況で、しっかりと準備する事が大事です。

”準備”のためには、始めに己の物語を考える事からスタートします。

将来のこの通貨は上がる(または下がる)から米ドルを売る(あるいは買う)といった、自分で考えた台本を書いていきます。

その次は為替チャートをチェックする事です。

それ以前の市場の上下をチェックして現在の値段を確認する。

そうすると、「かなり偏った段階になっている」「多くの方々が取引しているから、これから先自分か売買してもすでに遅すぎるな」ということが見えてくる。

もちろんもはやしかけるのが遅すぎるなと感じたならば何もせず、この場面ではきっぱりと諦めることが重要です。

どうあがいても自分のストーリー展開を貫いて無理やり売買すると、相場にやられてかえって損をすることになる危険があります。

ただしかなりのケースで準備万端の自身の筋書きを作り上げているとすれば取引が遅いなということにはならないでしょう。

たぶん、明確に相場が動き出す前の状態のはずです。

続いては、差し当たり自らが取引しようと考えている売買ポジションの上下動を、じっくりと確認する事が大事です。

例として円安が進むだろうという台本を記したのであればドル円の推移に注目しておきます。

市場の上げ下げを注目し始めたばかりでは、まだまだその通貨は明確に推移する素振りを見せることなく、上がったり下がったり小さな動きを繰り返しているだけだろう。

ところが、その上げ下げをきちんと注目していると、ある地点で確実に、ドル高へと相場が動き始めてくる。

この状況で、ドル買いのエントリーします。

基本的に、これだけ念入りに事前準備をしておけばそのエントリーで儲ける率は相当高くなるはずです。

Category

リンク