-

ありふれたビギナー向けの外国為替証拠金取引の本では「損失が生じた時はナンピン買いをすることで、全体の買い付けコストを抑える」等と述べられていると思いますが、実際はそこにはかなり大きなリスクがあると考えます。http://xn--com-kk4bf2dzmka4p0341g45h.xyz/

はじめに、ナンピン買いのやり方に関して簡単に記述しておきます。老眼に良いサプリはコチラ!

例として1ドル=100円でドルを買ったとします。かに本舗 評判

ドル買いということで円安に動くほど儲けが出るわけだが反対に1ドル95円までドル安が進んだとします。美白ボディクリーム ラスターの口コミ!

そのままポジションを所有し続けたら、損失が戻るためにはドル安になった分ドル高が進まなければなりません。手取り20万円を手取り30万円に変える方法

皆さん、損失は早くリカバリしたいと願うでしょう。ヒメカノ 無料

そのためはじめにエントリーしたのと同じ額のドルを、1ドル=95円で取引します。アトピー LPS化粧品

そうしたら、ポジションのコストは97円50銭まで下げることができます要するに、2円50銭の幅でドル高が進めば、損を取り戻す事が出来ます。白ニキビ 治したい

この流れがナンピンの手法です。エルシーノ

このとおり、ナンピンのロジックをみると、「なるほど」という気分になるが相場は容易には問屋を卸しません。リビドーロゼ楽天

初めから、1ドル=95円が底値だということなど誰にも分かりません。

もしも、為替が強い円高ドル安傾向だったら95円では下げ止まることなく一段のドル安が進む危険性はあります。

仮に、1ドル97.50円でナンピンをするとしても1ドル95円までドル安になったらナンピンを入れた分についても、差損が生じることになってしまうのである。

その状況では、一番初めに売買したドルとあわせて、損を被ることになる。

それゆえ、ナンピンはややこしいです。

それなら、為替相場が自らの脚本とは別の方向にさっさと進む場合、どのような方法で危機の確率を軽減すればいいのだろうか。

ここで選べる選択肢は2つしかありません。

まずひとつは覚悟を決めて、損を確定する事です。

もうひとつは自分か保持している買いポジションを縮小することで為替相場が戻るのをひたすら待つことだけです。

少し受動的な対策だとみる人もいるだろう。

けれども、自分の持っているポジションに差損が生じた時一番危険の少ない対策はこの2つ以外には考えられません。

なるほど、机上では、ナンピンという考え方もあるように思える。

しかしながらナンピンは自分かマイナスになっている場面にもかかわらず買いポジションを縮小するどころか、買いポジションを重ねていく手段です。

それでは、リスクを避けることなどできないと考えたほうがいいです。

ナンピンをし続けられればやがてはマイナスがプラスになるかもしれません。

でも、その前にお金は足りなくなってしまいます。

Category